美しい肌を取り戻せ!シミ取りクリーム調査隊
HOME >  大人のためのシミ対策講座 >  本当の紫外線対策をしよう

本当の紫外線対策をしよう

シミやしわなどの原因となり、肌を老化させる紫外線。その紫外線から肌を守るのが、日焼け止め化粧品です。

紫外線対策のための化粧品はどう選ぶ?

日焼け止め化粧品には、紫外線が皮膚の深部に到達するのを防ぐための成分が配合されています。その成分には、大きく分けて「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の2種類があります。

紫外線吸収剤

紫外線を肌表面で吸収し、熱エネルギーに変えて放出、皮膚深部への侵攻をブロックするのが紫外線吸収剤。代表的な成分は、パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル(オクチル)、ジメチルPABAオクチル、オキシベンゾン、t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなどです。

紫外線の防御力が高いため、多くの日焼け止め製品に使用されていますが、肌への刺激が強いのがネック。紫外線を熱エネルギーに変える際、肌に負担をかけてしまうのです。肌が弱く、敏感な人が使用すると肌トラブルを起こすこともあるため、注意が必要です。

紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を物理的に乱反射させて肌を守るもの。代表的な成分は、酸化亜鉛や酸化チタンなどの無機粉末です。これらに特殊なカッティングを施すと、紫外線を反射してくれるのです。酸化亜鉛には消炎作用があり、酸化チタンには肌のキメを整える効果もアリ。

また、肌への負担が少ないため、敏感肌の人や赤ちゃん向けの日焼け止め製品に多く使われています。製品には、「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」などと表記されています。

SPF、PAって何?

紫外線は、UVAとUVB、UVCの3つに分けられます。この3つのうち、日焼けの原因となるのはUVAとUVB。日焼け止め化粧品は、この2つの紫外線から肌を防御する工夫がされているのです。UVAを防ぐ効果の目安として使われるのがPA、UVBを防ぐ効果の目安として使われるのがSPFです。

SPFとは

SPFとはSun Protection Factor(紫外線防御指数)の略。紫外線のUVB波をどの程度防御できるかを表す数値です。SPFは2から50までの数値で表示され、上限は50+。この数値は、日焼け止めを塗らない皮膚が紫外線で赤くなるまでの時間(およそ20分)が基準。この20分をSPF1としています。

例えば、SPF30の日焼け止めを塗った場合20×30=600分、およそ10時間は日焼けを防止できるという訳です。数値が大きくなるほど、肌を紫外線から守る効果が高くなります。UVB波はUVA波よりも強力であり、短時間で肌にダメージを与える紫外線。皮膚の表皮DNAや細胞膜を破壊し、炎症や軽度の火傷などのトラブルの原因となります。まったく防御しないと傷ついた細胞がガンに発展することもあるため、日頃から注意が必要です。

PAとは

PAとは、Protection Grade of UVA(UVA防御指数)の略。紫外線のUVA波をどの程度防止できるかを、記号で表したものです。PAは、UVA波による肌の黒化を防ぎます。PAの指数は「+」で表され、+の数が多いほど日焼け防止効果が高くなります。定められた表示の段階は以下の4つ。

  • 「PA+」効果あり
  • 「PA++」かなり効果あり
  • 「PA+++」非常に効果あり
  • 「PA++++」極めて高い効果あり

PA++++は、UVA波が与える肌への影響が知られるようになり、UVカットやケアに対する世間の関心が高まったことから、2013年に新たに設けられた新基準です。

基本的に、日常使うものであればPA+、PA++あたりで十分だと言われています。UVA波は、シミやしわの原因とされているため、美肌のためには積極的に防御する姿勢が大事。UVAは皮膚の奥にある真皮まで到達すると、コラーゲンやエラスチン繊維の破壊、活性酸素の発生、皮膚免疫力の低下などのトラブルに見舞われます。

UVAはカーテンや衣服、ガラスなども通り抜ける性質があるため、普段からの注意が必要です。

日焼け止めを効果的に使うコツ

日焼け止めは基本的に、化粧水、乳液や美容液を使用した後に塗ります。塗る量は、およそ500円玉くらいの量が適量とされています。しかし、この量を肌に塗ると白浮きしてメイクができなくなるため、日焼け止め効果のある化粧下地やファンデーションと組み合わせるのがオススメです。そして、効果を持続させるためにはこまめに塗り直すことが必要。約2~3時間おきに塗り直して使うと効果的です。

鼻や頬骨の部分、首筋や肩、あごの先などは日焼けしやすい場所なので、とくに念入りに。塗り忘れのないようにします。また、外出する際は必ず日焼け止めのケアを行いましょう。ベランダでの洗濯物干し、近所への買い物、車の運転など、「ちょっと外へ出るくらいだから」と油断するのはNG。曇りの日であっても、肌は紫外線の影響を受けているのです。夏だけでなく、冬場の日焼け止め対策も必要です。

1日のうちで特に紫外線量が多いのは、午前10時~午後3時の間。できればこの時間の外出は避けるのが賢明ですが、どうしてもという場合は日焼け止め化粧品を使用し、さらに帽子や日傘などをプラスすると効果が高まります。