美しい肌を取り戻せ!シミ取りクリーム調査隊
HOME >  大人のためのシミ対策講座 >  取れるシミ・取れないシミ

取れるシミ・取れないシミ

シミとは、表皮にメラニン色素が染みついてできる斑点のこと。シミを作る原因で最も多いのが紫外線です。紫外線が当たると、肌はその刺激から身体を守るためにメラニン色素を作りだします。

このメラニン色素は、通常であれば肌のターンオーバー(皮膚が28日周期で新しく生まれ変わること)で角質と共にはがれ落ちますが、大量にメラニン色素が作りだされたり、ターンオーバーが正常に行なわれなかったりすると、そのまま肌に残留してしまいます。

これがシミとなる訳です。また、シミの種類にもよりますが、過度のストレス、肝臓・卵巣機能の低下、ホルモンバランスの変化(生理、妊娠など)などが原因となり、シミが濃くなったりすることも。

ニキビなど、皮膚の炎症後にできるシミもあります。いずれの場合も、シミを防ぐためには紫外線対策と、メラニン色素生成を防ぐ美白化粧品の使用が効果的。肌の血行とターンオーバーを促進するマッサージや、正しい洗顔方法を身につけることも大切です。

シミの種類と対策

シミにはさまざまな種類があり、その原因があります。どのシミも同じ方法で治療できる訳ではないので、自分のシミはどの種類にあたるのかきちんとチェックすることが重要です。思い込みで自己流のケアを続けていると、シミを濃くしてしまうケースもあるので注意して下さい。判断がつかない場合は、専門医に相談してからケアを始めましょう。

老人性色素班

高齢者の額から頬骨のあたりにかけてできるシミ。原因は紫外線であると言われており、若いときに日焼けをしていた人ほどできやすい傾向があります。場合によっては、20代でも現れることがあるそうです。できたばかりで形のハッキリしないものであれば、美白化粧品で薄くすることが可能。ただし、色が濃く形がハッキリしているものはレーザー治療などを使用しないと改善は難しくなります。予防には、美白化粧品と、一年を通した紫外線対策が有効です。

そばかす

そばかすは、メラニン色素が色素沈着してできたもの。シミと同じく紫外線が原因とされており、頬や鼻の周りを中心に年齢を問わず現れます。紫外線に当たると数が増えたり色が濃くなるため、紫外線対策は必須。美白化粧品の効果は見られないため、レーザー治療が有効な方法です。

肝斑

一般的にシミと呼ばれているものの多くは肝斑(かんぱん)。メラニン色素が紫外線の刺激によって増大し、皮膚の中に沈着してできるシミです。額や頬、目の周辺などに左右対称に現れ、30~40代の女性に多く見られるのが特徴。原因としては、紫外線、女性ホルモンの変化(ピルの服用や妊娠)などが挙げられます。対処法は、紫外線対策と美白化粧品が有効。レーザー治療は色を濃くしてしまう恐れがあるため、使用は厳禁です。

炎症性色素沈着

ニキビやかぶれ、火傷などで皮膚に炎症が起きたあとにできるシミ。炎症の刺激や活性酸素によって色素細胞が活性し、大量のメラニンを生成することでできます。顔だけでなく、全身のどこにでも現れるのが特徴。基本的には肌のターンオーバーと共に自然に消えますが、紫外線に当たると濃くなるので注意が必要。予防は紫外線対策と美白化粧品が有効です。レーザー治療は不向き、なかなか消えない場合はピーリング治療が効果的です。

しみを予防するには

ほとんどの種類のシミに有効なケア方法は、紫外線対策と美白化粧品です。紫外線対策をすることでシミが濃くなるのを防ぎ、美白化粧品のケアで色を薄くすることが可能です。また、毎日のスキンケア法を見直すことも大切。正しい洗顔法で肌のターンオーバーを促し、美白化粧品の有効成分を皮膚の奥まで浸透させるようにします。

まずは、使っている化粧品の配合成分を確認してみましょう。美白成分には、さまざまな種類があり、シミへの効き方などが異なります。中には、予防に特化した成分や、反対に既にできてしまっているシミに有効なものもあるので、ホワイトニングケアの目的に合った成分が配合されたものを使うことが大切なのです。

また、シミ取りに特化したものを使うあまり、保湿などがおろそかになっていないかも見直しましょう。
美白系の化粧品の中には、保湿力が弱いものもあります。他のアイテムでその分をしっかり補えれば問題ありませんが、うまくケアしないと乾燥してしまうことも。
乾燥が進むと、肌のターンオーバーが乱れてメラニンの排出が遅れ、シミになってしまうことがあるのです。そのほか、シワや肌の老化などのトラブルも起こりやすくなるので、保湿は欠かさないようにしましょう。

美白ケアをしながらしっかり保湿をしたい場合は、美白クリームがおすすめです。美容液などのアイテムに比べて保湿力が高く、肌にフタをするようにしてうるおいを閉じ込める役割があるので、ホワイトニングと保湿のWケアができる商品もあります。

そのほかに、肌のマッサージは血行とターンオーバーを促進する効果があるため、シミ予防・シミ取りに効果的。美白成分が含まれたマッサージクリームを使用すれば、その効果はさらに上昇します。

最後に、水分やビタミン・ミネラルの補給で、身体の内側からサポートすることも忘れずに。