美しい肌を取り戻せ!シミ取りクリーム調査隊
HOME >  シミを取る方法を徹底分析 >  化粧品

化粧品

美白化粧品とは、メラニンの生成やシミ・そばかすの生成を防ぐ美白成分が配合された製品。化粧水、美容液、パック、ファンデーション、ハンドクリームなど多様な種類があります。これらに含まれる美白成分には、主に3つの働きがあります。

  1. メラニン生成に関与する酵素、チロシナーゼの働きを阻害。市販されている美白化粧品の多くは、この働きを持っています。
  2. メラニン生成の指令を出す、情報伝達成分エンドセリンの阻害。
  3. 皮膚の新陳代謝を高め、生成されたメラニンの排出を促す。

基本的に美白化粧品は、メラニンの量を増やさない、もしくは減少させるのが主な働きです。美白化粧品を使用したからといって、できたシミがすぐに消える訳ではないので注意しましょう。できてしまったシミを取ったり、色を薄くしたいのならば、メラニン排出効果のある成分が含まれた化粧品を選ぶようにします。

医薬部外品の美白成分9種類

美白を謳う成分はたくさんありますが、日本で厚生労働省の認可を受けた成分は9種類のみ、医薬部外品ちすて使われてています。美白化粧品の認可を受けた製品は、決められた分量の美白成分を配合する必要があります。

  • アルブチン
    コケモモから抽出された成分で、メラニン生成に関与する酵素チロシナーゼの働きを阻害。
  • エラグ酸
    イチゴやラズベリーなどのベリー類、ナッツ類、ユーカリなどに含まれる成分で、ポリフェノールの一種。アルブチンと同じく、メラニン生成に関与する酵素チロシナーゼの働きを阻害。
  • カモミラET
    カモミールの葉から抽出される美白成分。メラニン生成を促す情報伝達物質エンドセリンを抑制し、メラニンの増殖・働きを阻害。
  • t-AMCHA
    大豆や卵黄から抽出されるシクロアミノ酸誘導体。親油性と親水性を持つ、天然の界面活性剤です。メラニン生成を促す情報伝達物質プロスタグランジンやプラスミンの働きを阻害。美白効果が高いのも特徴。
  • トラネキサム
    酸主な用途は、止血剤・消炎剤。医療用に使われていたものを、美白成分として新たに開発。皮膚の赤みを消したり、かぶれにも効果あり。
  • ビタミンC誘導体
    ピュアビタミンCの安定性を高め、肌が吸収しやすい形に加工したもの。メラニン色素生成を促す酵素チロシナーゼを抑制する効果あり。美白効果だけでなく、強力な抗酸化作用で肌の炎症を抑えたり、老化を防止する効果も。
  • プラセンタエキス
    動物の胎盤から抽出されたエキスで、アミノ酸やミネラルを豊富に含む。メラニン生成を促す酵素チロシナーゼを阻害する効果あり。皮膚の血行を促進し、新陳代謝を活性化。皮膚のターンオーバーを促し、メラニンを排出する働きも。他に、保湿・皮膚の柔軟化・しわの改善にも有効。
  • リノール酸
    サフラワー(紅花)油などから抽出。メラニン色素生成を促す酵素チロシナーゼを分解する効果あり。厚生労働省認可の美白成分9種のうち、チロシナーゼを分解するのはリノール酸のみ。強力な美白効果を期待できる成分。
  • ルシノール
    モミの木に含まれる成分に似せて作られた美白成分。酵素チロシナーゼと結びつき、メラニン生成を阻害する効果あり。シミの治療に使用されるハイドロキノンに分子構造が似ており、強い美白効果を発揮。

<その他の美白成分>

ハイドロキノン
メラニン生成を促進する酵素チロシナーゼの働きを阻害する効果が非常に高い成分。一般的な美白成分に比べ、約100倍のチロシナーゼ抑制力を持ちます。美容外科や皮膚科などで、シミの治療薬としても使われています。ただし、濃度が高いと赤くなってアレルギー反応を起こすこともあるため、配合量には気をつけた方が無難。高濃度のハイドロキノンは個人の判断で使用せず、医師に相談した方が賢明と言えるでしょう。

美白化粧品の選び方と使い方

美白化粧品を選ぶ際、最も重要なのは有効な美白成分が配合されているかどうかの確認です。美白を謳う化粧品の多くには、「ホワイト」などという商品名がついていますが、名前だけで美白成分が配合されていないものもあるからです。商品名だけで判断せず、購入の際には成分表をきちんとチェックするようにしましょう。

美白化粧品の効果を出すには、根気よく使い続けることが大切です。すぐに効果が見えないからと使用をやめたりせず、肌トラブルなどがない限りは最低でも3ヵ月程度使い続けてみましょう。

また、美白化粧品は紫外線の強い時期だけ使用するのではなく、一年中使い続けることも重要です。「今日は紫外線が強いから」「夏だから」という理由で限定的に使用しても効果は得られません。
紫外線は一年中降り注いでいるものであり、その紫外線から常に肌を守ることがシミを予防するヒケツなのです。

そしてもう1つ、保湿などの美白以外のケアを怠らないことも大切です。
シミに直接的に効果を発揮するのは、やはり美白成分ですが、保湿成分や整肌成分が作用して肌を健康にすることで、乾燥やストレスによるダメージの影響を受けにくくなります。
それらのダメージは、肌の新陳代謝に悪影響を与えます。ターンオーバーが乱れると、紫外線ダメージで蓄積されたメラニンなどの排出が遅れ、シミができやすくなるのです。

そのため、間接的ではありますが、保湿ケアもシミ取りには欠かせない要素だと言えます。クリーム以外の保湿アイテムを揃えたり、保湿までしっかりケアできる美白クリームを選ぶと良いでしょう。

そのほかに、肌の血行を良くすることも美白化粧品の効果を上げるのに効果的。血行が悪いと代謝が低下してメラニン排出がうまくいかなくなったり、化粧品の浸透も悪くなります。美白成分が含まれたマッサージクリーム等を使用すると、血行促進だけでなく美白効果も高まるのでおすすめです。