美しい肌を取り戻せ!シミ取りクリーム調査隊
HOME >  シミを取る方法を徹底分析 >  クリニック

クリニック

レーザー治療とは、強いエネルギーの光線を皮膚に照射して、メラニン色素を破壊する治療法。濃い色素のみに反応する光線なので、普通の肌細胞を傷つけることはありません。レーザー治療が有効なシミの種類は、そばかす、老人性老人性色素斑、脂漏性角化症など。シミの大半を占める肝斑へのレーザー治療は厳禁です。

さらに色が濃くなったりとトラブルの原因となるため、きちんとシミの種類を確かめてから治療を受けるようにします。 治療時の痛みは、輪ゴムでパチンとはじかれた程度と言われています。痛みに弱い場合は、クリームの麻酔薬などを使用してくれるクリニックもあるので相談してみましょう。治療回数はシミの状態にもよりますが、1~5回が平均的。

レーザー治療を受けたあとは、軽いヤケドをしたような状態になりますが、1~2週間ほどで垢のように剥がれ落ちてきます。レーザー治療は皮膚科や美容外科で受けられますが、場所によってはエステでも行っていることがあります。しかし、いざという時のトラブルを防ぐためにも、できれば医療機関での施術をおすすめします。

レーザーの種類

  • 〈ルビーレーザー〉
    シミやそばかすなどの色素に短時間で高エネルギーを与え、メラニン色素を効果的に破壊します。ルビーレーザーはメラニン色素に良く吸収される光線なので、健康な肌へのダメージを最小限に抑えられます。破壊されたメラニン色素は自然と体外へ排出され、シミやそばかすは徐々に薄くなっていきます。
  • 〈QスイッチYAGレーザー〉
    レーザー治療に向かないと言われる肝班や、炎症性の皮膚炎にも効果を発揮するレーザーです。非常に短い時間の照射で効果が現れるため、健康な皮膚へのダメージが少なくて済みます。シミなどの治療だけでなく、維芽細胞を刺激することによるコラーゲンやエラスチンの生成にも効果があります。 〈炭酸ガスレーザー〉ほくろやイボなど、厚みのあるシミに有効なレーザーです。炭酸ガスレーザーは水に吸収されやすい性質があるため、水分を含む皮膚組織や周辺組織に作用し、蒸散させる効果があります。皮膚深部の組織や、健康な肌にはダメージを与えないので、傷が治りやすく傷痕も残りにくいのが特徴です。

レーザー治療のメリット・デメリット

レーザー治療のメリットは、短時間で効果が実感できることでしょう。美白化粧品やサプリメントなどではなかなか改善しない厚みのあるシミや、濃いシミにも有効です。施術時間も短く、痛みをほとんど感じないのもメリット。正しく治療をすれば、ほぼ確実にシミを消すことが可能です。

デメリットとしては、アフターケアが大変だということ。レーザー治療を受けたあとは、一定の期間、毎日消毒や薬を塗布しつつ、ガーゼを貼って過ごす必要があります。レーザー治療後、シミが剥がれ落ちるまでの期間は約1~2ヵ月。その間、治療した部分に紫外線をあてたり、刺激を与えるとせっかく取ったシミが再発してしまうのです。これを怠ると、治療前よりも重篤なシミに悩まされるケースもあるので注意が必要です。

また、レーザー治療は、肌に重大な問題がない限り自費治療となります。保険適用外となるため、高額な治療費となることがほとんどです。レーザー治療の費用は、患部の大きさによって決められていることが多く、相場としては5ミリ以下のシミで1万~1.5万、20ミリで2万程度と言われています。治療の回数も、1~数回とシミの状態によって変わってきます。

もちろん、レーザー治療をしたからといって、2度とシミができなくなるという訳ではありません。治療前以上に紫外線対策に気を使い、美白ケアに力を入れる必要が出てくることもあります。「シミができたらレーザーで消せばいい」などと安易に考えず、毎日の美白ケアを継続することでシミを予防することが大切です。